日本でオンラインカジノをやると逮捕されるの?

この記事にたどり着いた人は日本でオンラインカジノをやると逮捕されるのかを知りたくて訪れたのではないでしょうか?

ここでは日本でのオンカジの合法性について解説します。

オンラインカジノ逮捕を法律から読み解く

オンラインカジノで逮捕されるという状況を読み解くにはまず法律を知ることが大切です。

法律を解説する前に結論をポイントでまとめます。

  1. 日本でオンラインカジノをプレイすることは合法でも違法でもない
  2. 取り締まる法律がない
  3. 現行の法律ではオンラインカジノをやっても逮捕されない

オンラインカジノが合法でも違法でもない理由

オンラインカジノが合法でも違法でもない理由はギャンブルを取り締まる法、

「賭博罪」が適用できるかどうかです。

賭博罪そのものは明治時代に制定されたもので、

法律の意図としてはギャンブルの胴元(運営者)を取り締まるもので、

利用者のみを取り締まることを前提としていません。

胴元(運営者)が海外であるオンラインカジノでは日本国内に胴元が存在しない状態になります。

また国を超えて取り締まるかどうかと言うと、ランドカジノもオンラインカジノも設置されている国で政府のライセンスを取得し、

合法的に健全な運営がなされています。

ですので、日本国外の運営者を取り締まることは不可能と言えます。

オンラインカジノで逮捕されない例え話

例えばこんな話があります。日本の国会議員がラスベガスへ行きギャンブルを行い大損したことを公にしています。

これは違法性がないからです。

また別の例をあげれば、パチンコ店の3店方式です。

高価な景品を古物商(景品交換所)へ持っていき換金するというもの、

これはパチンコが法律の抜け穴を利用して公然とギャンブルを認めているのは皆さんご存じの通りです。

日本でのオンラインカジノ逮捕事例

取り締まる法律がないオンラインカジノですが、過去には逮捕事例があります。

2016年に日本のオンラインカジノプレイヤーが逮捕されたものです。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

出典:ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警 – 産経WEST

引用元:http://www.sankei.com/west/news/160310/wst1603100084-n1.html

この事件の検察の判断は3名のうち1名不起訴です。

それ以来オンラインカジノのプレイヤーが逮捕されることは無くなりました。

パチンコ業界とズブズブの警察が気を利かせて、法律の拡大解釈に踏み込んだという見方が大勢を占めています。

残りの3名のうち2名は略式起訴を受け入れ罰金を支払い終えています。

不起訴を勝ち取った1名は納得いかなかったのでしょう。最後まで戦い不起訴を勝ち取りました。

こうした先人たちのおかげでオンラインカジノはグレーゾーンとして日本人でもプレイできるように進化してきたのでしょう。